FANDOM


Japanese LyricsEdit

時を止めナイルの岸に立つ
確率の看守嘆きを聞く
空に星座の不動を妬み
積もる暦の塵を吸う

ただ吹く風の音
無意味の眠りに来て
あの日に消えたと
桃源の夢を見せ

時に捕られて地下鉄が来る
さだめし都は幻の絵
空に不動の塔の間をぬい
うごめく人は塵芥

まだ吹く風の音
黄金を背に隠し
何故見ず過ぎたと
ナイルの岸へ返る

無数のレイヤ ー幾重も通り
聞こえる声は キミの名を呼ぶ
嘆きのレイヤー モアレを組んで
生まれぬままの 都を見せる

支流の川辺で賢者は撃たれ
選択の騎士は嘆きを知る
海で無常にたつ波を見て
逃げる時を追えずに

まだ吹く風の音
不変の道を抱いて
消さずに守ると
ナイルの岸へ向かう

無数のレイヤ ー幾重も通り
聞こえる声は キミの名を呼ぶ
嘆きのレイヤー モアレを組んで
生まれぬままの 都を見せる

聞こえる声は キミの名を呼ぶ
生まれぬままの 都から来て

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.