FANDOM


Kanji LyricsEdit

かげろうは竜を切る武者の武勇をまねて
舟を打つ波にぬきみの白刃をかざす
飛ぶ鳥に目をやれば円陣の羽 陽にゆだり
かしぐ帆に鳴るは すんでの幕の記憶

はるか一なるものの鼓動の調べは降りて
夢に知る説話に落とす身を飾る
思い出は深く血の道に泡と立てば
抗えど逆潮はコスモの闇を降らす
はるか一なるものの鼓動の調べは降りて
夢に知る説話に落とす身を飾る

波寄せる浜で 娘はうたた寝る
空を切る居合は 寝唄のままに

磯は竜巻きゃ命をさらう
鳥の食む餌を雲間に投げてよ
砂の間に間にてんでに果てて
潮よ渦巻け 一つの水に

鼓動の調べは降りて

小波大波 数える鳥も
暮れりゃ西へと群れ飛ぶ謎よ
ミクロマクロの仕掛けの中で
ここは故郷の 階段なれば

磯の香になかば寝る娘たちの唄に
かげろうの武勇は音をたてて眠る
はるか一なるものの鼓動の調べは降りて
唄に咲く説話に落とす身を飾る

磯は竜巻けば 命さえさらう
雛の食む餌を雲の間へ投げて

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.